スポンサーサイト - --/-- --

trackback (-) | comment (-) | スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

* 出雲 - 11/12 Wed

trackback (0) | comment (0) | お出かけ
141104-121120.jpg

神話の国、出雲。
稲佐の浜は、旧暦の10月10日、神在月に
全国から出雲に集まられる八百万の神様をお迎えする場所。
約3キロにわたる砂丘海岸が美しく広がっています。

稲佐の浜を象徴する屏風岩。
今は陸続きとなり、岩のところまで歩いていけます。

本当に神様がここからお越しになられる気がするから不思議です。



141104-124927.jpg
出雲の西端、日御碕神社。
神社は下の宮「日沈宮(ひしずみのみや)」と上の宮「神の宮」という上下二社からなり、
写真は日沈宮です。
こんなところにと思えるような奥深い場所に、朱の色も見事な立派な神社があります。
伊勢神宮が日の本の昼を守り、日御碕神社が日の本の夜を守る神社と言われています。

神社からほど近い場所にあるのが、経島(ふみしま)。
141104-124418.jpg
ここは一般の方が入ることができない神域。
島には小さな鳥居が建てられています。
年に一度、8月7日の夕陽の祭りの時、日御碕神社の神職の方だけが
船で渡り、夕陽の中で行事が行われるそうです。
岬の端に立ち、ウミネコが飛び交うこの島を眺めていると、
大昔も同じような景色だったのだろうかと、時空をとびこえて想像がふくらみます。

出雲は日本の神話と密接に結びついているので、
そんな神話をすこしずつかじりながら観光すると、とても興味深い旅になりますね。







スポンサーサイト

comment

コメントを送る。

URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback

この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。